町の保健室でアロマ石けん作り

今日は河内花園にある
コミュニティカフェひだまりで
クリスマスカラーの
アロマ石けんづくりをしました。

動画におさめてますので
皆さんも動画をご覧になり
石けんづくりにチャレンジしてみてくださいねー。

とその前に
ちょっと最近思うことと
来年からの展望を書いてます。

2025年には団塊世代が後期高齢者になり
高齢化社会の先進国となる日本です。
介護施設はどんどん増えてきていますが
なんとなく違和感を覚えます。
介護保険は法の整備を繰り返していますが
それだけで一人の方の尊厳って守られているのかな、と感じます。

要介護者が増えるということは
介護をする人も増えるということです。
増加する介護の担い手がご家族だった場合
やれ在宅だ、住み慣れた家で最後を迎えてなんて言っても
悩み、疲れ、孤立してしまうのは家族です。

現行の介護保険でハード面はカバーできても
ソフト面に対しては点数の問題や
介護事業所の縛りとかあって
すんなりと痒い所に手が届くわけではありません。

現在ここ東大阪でも
要介護者だけでなく潜在的な要介護者を支援する具体策として
相談窓口や交流するための集まりであるカフェなどが
少しずつ広がりを見せています。

その担い手は行政ではなく
一般庶民です。

私たちです。

個人の持つお財布には限りがあります。

行政がこの活動の細かいところまで知って
必要な支援をしていただければ
もっと自分の能力を使い
社会貢献しようと言ってくれる住民はたくさんいると思います。

まだまだ多くの人が他人事だと思っている介護の問題。
でも、いつかは自分も誰かを介護する日が来るかもしれないです。

介護をする人される人をいかに社会全体でサポートしていくか
もっと考えていく必要があると思います。

そのきっかけになれたらいいと
集いの場を利用して
町の保健室(仮名)を立ち上げたいと思います。

一緒にメンバーになってくださる方を
心よりお待ちしています。

ではアロマ石けんづくりの動画をご覧ください。

https://youtu.be/OiERLZBlGZ8