フラワーエッセンスで仕事も家庭も楽しく自己肯定。

きろんショップでは精油のほかにバッチフラワーレメディーも販売しています。


バッチフラワーレメディーは
太陽の光をとおして作られた野花や草木の癒しのエッセンスで
イギリスの医師であるバッチ博士によって1936年に開発されました。


花の持つエネルギーが、人々の心の奥深くにはたらきかけこころの問題について調和をもたらし
穏やかにバランスを取り戻していくことを手伝ってくれます。


医薬品ではないので副作用や習慣性といった心配はなく
赤ちゃんからお年寄りまでどなたでも
また動物や植物にも安全に使用できます。

わたしも使っています。

自分に自信がもてないときや
なにかに不安を感じていて頭から離れないとき
やる気がなくなったとき
過去の問題をひきずっていることがしんどい時など
38種類の中からエッセンスを選び使っています。

2週間ほどで効果が見られたり
飲み終わってから変化が見られることもあります。

まわりの状況が変化していったことにより楽になれたり
不安や心配は消えなくても対処のしかたがわかってきたり
人間関係に前向きになれたり
ひとは人、自分は自分と境界線を保つことができるようになったり
数ヶ月前に飲んだエッセンスで調和していたのに
また崩れてきたのでもう一度お世話になったりと
人にまみれていきていく宿命のわたしには
レメディーはなくてはならないものかもしれません。

看護師というのは
ひとを癒すことで自分が癒されて
持ちつ持たれつの職種ではありますが
その前に
自分が癒されておかなければ
人に関わることができないので
自分の心と身体のメンテナンスはとても大事です。

最近では
ワクチン接種の際の副反応に対する不安や
歯医者の治療の前にもレメディを飲みました。

人願関係や
不安や心配や悩みや問題や
そういったことは何もない・・・という方でも
歯医者さんってちょっとドキドキしますよね。

そんな日常の
ちょっとしたことにでも
使っても大丈夫です。
クセにはなりませんので・・・。

もう一つ言うと依存にもなりません。

◯山の置き薬のような感覚で
必要な時に
必要なものを選んで飲むだけでいいです。

状況や関係性や環境は変えられないし
人を変えることもできないけど
自分の考え方や感じ方が
無理なく変化していけるところに
レメディーの魅力があるのでしょう。

自分で草木をつみ取って作ってみたいけど
雲ひとつない晴天の時じゃないと作れないので
なかなか素人では難しいようです。

最近使っているレメディーは
・ホワイトチェストナット
 不安なことが頭から離れず何度も同じことを考える。
・レッドチェストナット
 身内への心配ごと
・ゲンチアナ
 凹んで落ち込んだしまいそう
・ミムラス
 原因がわかっている不安ごとがある。

の4種類です。

わたしの現在の悩みとか状況がバレバレですが
まあ、誰にでもあるような問題かもしれないし
わたしにだけ特殊な出来事もあると思います。

今2週目なんですが
このブログを書くまで
上記の出来事が自分の中で薄らいでたのにびっくりしてます。

はずしていけるレメディもあります。

レメディを飲んで
考え方や感情が変化して調和していくたびに
自分自身が強くなっていくように思います。

そして
自分が好きになれそうな気がします。

自己肯定
これが一番不足していると感じている
日本人気質を少しゆるめて自分をたいせつにしたいものです。