人生最後ののぞみは何ですか?

もしバナゲーム


人生の最後にどうありたいか
自分にも問うてみたいし
誰かとこのタブーの話をしてみたい。


大事なことだけど
縁起でもないから
語らないようにしてることもある。


施設で働くようになって
終のすみかで暮らす方を見るたび
死に方
生き方を
すごく意識するようになった。


病院で緩和ケアをしてる時よりも
日常の生活の場で
死に近づいていく人と接してる方が
よりリアルに 
死というものを考えさせられる。


死ぬことと生きることは同じこと
何かの本で読んだ言葉。たしか宮本輝さんの本だったかな・・・


もしバナゲームは35枚の
人生の最後の場面での望みを
10枚に減らしていくのですが
少し大変な作業。


手放せないことを
あっさり手放さないと
先に進めない。


そういてるうちに
本当のわたしの願いがわかる。


あー
そうなんだなー
わたしはこういう最後を願っているんだね。


そうわかったならば
生き方も少し変わってくる気がする。