カラオケ大好きな成年後見人の利用者さん。

今日は日頃からお世話をしている

後見人の利用者さんの面会に行ってきました。

施設に入っておられるので

コロナ禍ということで

面会禁止なんですが

渡さないといけない書類もあったので

ドア越しに面会しました。

後見人は

正式には成年後見人といいます。

いつまでも自分の意思で自分らしく暮らしたい・・・

という願いは誰でも持っていますよね。

でも、自分の判断能力に自信が持てなくなったり

お金の管理ができなくなったりしたときに

そのかたの暮らしを支える制度が

成年後見人制度なのです。

一般には

弁護士や司法書士

私のような社会福祉士がその仕事を担います。

任意と法定があって

任意後見人は

将来のために自分の信頼する人に公正証書で契約する制度です。

法定後見は

私のような立場ですが、家庭裁判所への申し立てにより選任されます。

その申し立てをするのは

4親等内の親族や本人、配偶者

市町村長などです。

申し立てをしてから

ややこしい手続きがいろいろあるし

精神鑑定などもしないといけないし

3ヶ月くらいかかる時もあります。

その人の代わりに

なんでもできる成年後見人ですが

できないこともあります。

入院を強制できないし

勝手にその方の不動産を処分はできません。

また婚姻届の取り下げや身元引き受け人にはなれません。

成年後見人は財産管理も行うので

不正をしていないかを見張るために

監督人がついています。

そんなこんなで

今日は私の後見人の利用者さんと会いました。

すぐに施設を脱走してしまうので

セコムさんにお世話になっています。

カラオケが大好きな方なので

デイサービスで歌える環境が何よりありがたいです。

写真大好きな方なので

撮ろう撮ろう〜とツーショット。