緩和ケアへの思い

わたしは患者さまや利用者さまが辿ってきた歴史を思い

精神性を感じられる愛のある看護師でいたいと思っています。

私が看護師になり最初に関わった患者さんはがんの末期の方でした。

新米看護師にとって、その経過と最後はとても印象深く

37年たった今でもはっきりと患者さん、娘さんを覚えています。

それからの看護師人生は、休むことなく家庭よりも仕事に生きがいを持ち

その頃は緩和ケアという言葉よりもターミナルケアという言葉が一般的でしたが

その名がつく研修やセミナーに、休みを希望しては全国各地参加していました。

その後「ホスピス」や「緩和ケア」という言葉を耳にするようになり

「病院で死ぬということ」という本を読んで山崎章郎先生主催の

慶応大学病院でのロールプレイングに日帰りで参加したり

講演があるたびに先生のお話を聞きに行きました。

その後もがん看護の勉強も続けながら

看護協会の緩和ケア研修に何度か参加したり

死の臨床研究会主催のサイモントン療法の研修に参加し

しだいにスピリチュアルな思考に興味が湧くようになりました。

元々、目に見えないものへの興味があり

身体の看護だけではなく精神的、社会的なケアの大切さ

あるいは心だけではなく魂のケアも大切であると気づきました。

もう一つわたしが緩和ケアやスピリチャルペインを考えるようになったきっかけは

古いアメリカ映画「ジョニーは戦場へ行った」の一場面です。

経験を積むと忘れがちになる基本的なこと。

目も耳も鼻も失った患者さんに、新人ナースは毎朝カーテンを開け朝だと伝え

声をかけ、手を握っていた。

その患者さんが度々けいれんを起こすけど

他の医者を始め医療従事者はみんなけいれんの治療をしようとするが

その新人ナースにはそれはけいれんではなく

モールス信号だったと理解できていた。

一度しかない人生を、その人の命の灯火が消えるそのときまで

人格を大切にし、尊厳を大切にしたケアがしたい。

わたしはこころからそう思います。

30数年前、がん患者さんの手術を行う外科病棟で長年勤務しました。

大学病院のような高度医療は行ってはなかったです。

また、医師・看護師(そのころは看護婦)・薬剤師・管理栄養士(そのころは栄養士)などの

多職種が協力して結成されるチームの設置は当然まだなく

今のように緩和ケアチームもなく、キャンサーボードやがん専門医の配置などはなく

看護師には認定制度もなく、看護診断もない時代でした。

すい臓がん、食道がん、肝臓がん、大腸がんの患者さんが多く

今まで壮絶な死を何百人も見てきました。

若い患者さんが多く、辛く苦しい勤務を終えて帰ることもありました。

8時間の勤務中、詰所に滞在するより

患者さんのベッドサイドにいるほうが多かったように思います。

開腹手術が主流だったので、ドレーンからの出血や浸出液を交換することが業務のひとつでした。

準夜帯は特に痛みや不穏で訴える患者さんのそばから離れられませんでした。

夜中に重い体を引きづり帰ったこともあります。

しかし、今の働き方より充実していたのも確かです。

患者さんや家族がとても近くに感じられました。

がん対策基本法が成立し、専門分化され、システム化され

各臓器別、診療科別の腫瘍専門外来、がんセンターが設立され

化学療法、抗ガン剤、緩和などに診療チームが分かれ

その頃に比べて急成長したがん医療だったと今更ながら驚いています。

しかし、なにも系統立てられていなかったその頃

尊敬する医師と出会えたからこそ今の私がいると思っています。

一日おきに大きな手術がありましたが

外科医とは思えないくらい、身体的なことだけではなく

社会的なことや精神的なことにも耳を傾けて患者さんと接しておられました。

患者さんの最後には必ず夜中でも連絡を受け

ネクタイを締めて駆けつけ立ち会いお見送りをされました。

「病気を見るな、患者さんを見るんだ」と教えてくれたドクター。

37年間の看護師人生で唯一人心から尊敬する医師に出会えたこと

外科医でありながら、30年以上前から、がん患者の全人的医療を実践でされていたことを、

高知県立大学でのがん看護インテンシブコース受講した際に思い出し

懐かしくもあり、心を新たにしました。

がん患者さんが、どこで最期を迎えたいのか

本当の気持ちを引き出して、それに答えられるチームマネジメントが

日本の看護師にとっては苦手とするところだと思います。 

私は今まで急性期と慢性期の患者さんが混在する病棟が多く

あらゆるステージに立つ様々な患者さんに接していました。

不安と悲観にうろたえる患者さんや家族と数多く接する中で

常に患者さんと家族の心に寄り添ってケアすることを心がけてきました。

身体的・心理的・社会的、時にはスピリチュアル的な側面を含めた

全人的ケアを行うことに視点を置いてきましたが

これまでの看護を振り返ると、専門性の習得にばかり目を向けて

ほんとうに患者さんに寄り添えた看護ができていたのかな、と振り返ります。

だれもがかけがえのない存在です。

自分の目の前にいる他者の苦しみが

自分のことのように思い

また他者の考えをすぐに否定するのではなく

相手の自我もたいせつにしていく。

これをシュタイナーの言葉では

ハートで思考するというようです。

またわたしは看護学生のころに聞いた

ナイチンゲールの「看護はアートである」という言葉に胸を打たれました。

今後、コロナの問題で入院中の面会も最後の付き添いもままならないなら

在宅での終末期緩和ケアが重要視される現状で

苦しみを改善するアプローチを行うことを

看護師以前にひとりの人間としてできたなら

がん患者さんがその人らしさを失うことなく安心して

日常生活を最後まで送って行かれるよう支援がしたいとわたしは思います。

次の記事

きろん立ち上げの理由